花粉症はなぜかかるの?

花粉症じゃなかった人が大人になって急に花粉症になったり、ある日突然花粉症にかかったりする人がいます。基本的に花粉症にかかりやすい人はアレルギー体質の人だと言われています。

普通人間は花粉と言う抗原が身体に入ってくるとそれに対抗してIgE抗体という物質を作り出します。このIgE抗体は実は体内に蓄積していって一定の量を超えるまで、花粉症の症状があらわれることはありません。ですから子供の頃からずっと花粉を吸いつづけてその度に抗体を作りつづけそれが一定量に達した大人になった時に初めて花粉症の症状が現れることになります。

花粉症の最も大きな要因はアレルギー体質にあります。そして体質は親からの遺伝もあると言われます。自分の親が花粉症で、その子供の自分も花粉症だから花粉症は遺伝すると言われたりしますが、それも体質の遺伝によっての影響が大きいからというのは事実でしょう。でも花粉症は住んでいる環境や生活習慣など様々な要因が考えられるので、一概に遺伝とは言い切れません。逆に親は花粉症でも子供は花粉症じゃないといったケースも多いです。

花粉症の時期ではない時に花粉症のような症状だったのでお医者さんに見てもらったらアレルギー性鼻炎だと診断されたと言う人はいませんか?花粉症は別名季節性アレルギー性鼻炎とも言われ、花粉によるアレルギー性鼻炎です。アレルギー性鼻炎の要因はペットの毛や今問題のハウスダストからの要因でもアレルギー性鼻炎に発症します。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/30101808
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック