花粉症とは?

花粉症という言葉を聞いたことの無い人はいないと思います。今では10人に1人は花粉症だそうです。花粉症になる人はまだまだ増えていて増加のペースが早くなっているそうで、近い将来、5人に1人、もしくは3人に1人は花粉症といったことになるのも時間の問題と言われています。

花粉症とは花粉を抗原としたアレルギー反応による疾患だそうです。下記はウィキペディアに掲載されている花粉症についての詳しい説明です。

花粉を抗原とするIgE依存性I型アレルギー反応に基づく疾患で、主に眼結膜、鼻粘膜が発症の場となる。原因となる花粉は種々であるが、原則として風媒花であり、日本では杉の花粉症が最も高頻度である(一般に2月上旬から4月下旬ごろにかけて発症する)花粉のアレルゲンとしての強さは単にその量だけに相関する訳ではない。都会における大気汚染物質と花粉が混合するとそのアレルギー誘起能は増大すると言われている。


フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より引用
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%8A%B1%E7%B2%89%E7%97%87

花粉症は基本的に花粉の季節にかかる季節性アレルギー性鼻炎とも言われています。季節に関わらないで1年を通しての鼻炎は通年性アレルギー性鼻炎と言われます。

花粉症の症状と言えば、くしゃみや多量の鼻水、鼻づまり、目の充血、痒みや涙が止まらないなど一つ一つは大きなものではないですが、複合して色々な症状が起こるので、日常生活に支障をきたす人も多くなっています。

花粉症の原因でもある花粉は人によって違うのですが、日本人の花粉症の約70%はスギ花粉といわれています。日本の国土の約15%は森林です。特にスギ、ヒノキなどの植樹が多いので、そのため日本人はスギ花粉による花粉症の人が多いと言われています。

花粉症になる時期はやはりスギの花粉が飛散し始める2月上旬〜4月にかけてかかる人が多くなります。花粉症の時期にはマスクをする人が増えていますが、マスクは花粉症対策には必需品になっています。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/27570240
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック